くるり『songline』リリースツアー「列島 Zeppェリン」を観てきた。

2019年5月18日(土)にZEPP NAGOYAで、くるりのライブを観た。

 

METROCK2015で観て以来のくるりのライブ。4年ぶりか、久々ですね。かつ、彼らをワンマンで観るのは初めてということで、とても新鮮な気持ちでライブを観ることが出来た。

 

すっと耳に入ってくる良質なポップソングを奏でたかと思えば、「どこのプログレバンドだ?」と思うほどスキル的に難しい楽曲を披露したりする。

この振れ幅が彼らの魅力の一つであることを、強く実感したライブだった。

特に後者の楽曲達は音源で聴くと「よく分からん・・・」と思っちゃうことが多かったけど、生で聴くと良い。有無を言わせない凄さがある。「音で殴る」っていう表現が正しいかは分からないけど、そんな感じでしたね。

音源で聴いてピンと来なかった楽曲が、ライブを経て自分の中で大事な存在になっていくことは度々あるけど、今回のライブでもそうなりそうな曲がいくつかあった。

 

ライブを通して印象的だったのは、サポートで入っていたクリフ・アーモンドのドラム。

スネア一発が、バスドラ一発がそれぞれパワフルで、聴いていてめちゃくちゃ気持ちいい。彼のドラムによって、音源からパワーアップしている楽曲がいくつもあった。

あと、サポートギターの松本大樹の長尺のギターソロも良かったなあ・・・。

 

要するに、今回の編成のくるりは今まで観た中で一番かっこよかったということです。エネルギッシュで素晴らしかった。


くるり - ソングライン

コーチェラのThe 1975がとても良かった。

現地で観てないライブの感想を書くのはどうかと思ったけど、画面の前でも充分に楽しめたので、その記憶を書き留めておきたい。

The 1975は1st、2ndを聴いたときは「悪くないけど、そこまで・・・。」って印象だったが、3rd「A Brief Inquiry Into Online Relationships」で完全に心掴まれた。80年代~90年代の音楽を自分達の音楽として完璧に消化して、2018年に鳴っているべき音楽として相応しい名盤だなと。「アイドルバンドでしょ」みたいなイメージを持っていた自分を恥じたい。ちゃんと、誠実に音楽に向き合うバンドだった。

その傑作3rdの曲を主体にしたライブなのだから素晴らしくなるのは当然なんだけど、LEDバックモニターを有効活用することで、楽曲のエンターテイメント性が更に増していた。この演出があってこそ3rdの楽曲が真に完成するのかな、と思うほど曲の魅力が増幅していた。

彼らのような音と演出で楽しましてくれるバンドは、生で観てみたいという気持ちが強く沸いてくる。サマソニの日程上、自分は観に行けないのが悔やまれる。今後、単独で来日してくれたりするかな・・・。


The 1975 - Sincerity Is Scary (Official Video)

 

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019「ホームタウン」を観てきた。

2019年3月21日(木・祝)にZEPP NAGOYAで、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブを観た。

 

一言で言えば、「地に足が着きまくり」のライブという感じだった。浮ついた感じは一切無く、ただ純粋に自分達が作った音楽を届けたいという気持ちが伝わる良いライブ。

 

「ちゃんと聴いていないであろうアルバム「ホームタウン」から"ホームタウン"」なんてことを自虐的に言っていたけど、この会場にいた人達は「ホームタウン」の楽曲にもしっかり反応していたと思う。

(単純な盛り上がりという面では、以前の曲を演奏していた時の方が盛り上がっていた気もするけど、それは曲調による影響の方が大きいかと。)

 

セットリストについて簡単に触れると、「ホームタウン」の楽曲に挟んでも違和感ない過去曲を選曲していた。上手い具合にバランスが取れていて、過去から現在までの彼らを振り返るようなセットリストとも言える。

 

良い歳の重ね方をしているバンドだなと、ライブを観て改めて思った。MCでポール・マッカートニーやミック・ジャガーの名前を出していたけど、彼らみたいに音楽を届け続けて欲しいと願うばかり。